馬瓜エブリンがかわいい!標準語は英語?女性バスケット日本代表

2021年開催となった東京五輪。

どの競技でも素晴らしい活躍を見せており、日本全体が盛り上がっていますよね。

そんな中、注目を集めているのが女性バスケットボールです。

世界ランク10位の日本ですが、初戦から世界ランク5位のフランスと対戦し、激戦の結果勝利を収めています。

そんな日本代表の一員として大活躍を見せたのが馬瓜エブリンさんです。

そこで今回は、馬瓜エブリンさんについてご紹介していきます。

contents

馬瓜エブリンはハーフ?

東京五輪の試合を見ていて、馬瓜エブリンさんのことをハーフだと思っていらっしゃる方もいると思います。

しかし、馬瓜エブリンはハーフではなく日本国籍を持っている日本人です。

ご両親がガーナ出身の方で、愛知県豊橋生まれだそうです。

馬瓜エブリンさんのお父さんはエンジニアとしてガーナで働いていたのですが、ご結婚後に勉強をするために日本に来日し、そのまま日本での生活を継続することになったようです。

馬瓜エブリンの国籍取得はバスケのため

馬瓜エブリンさんが日本国籍を取得したのは、馬瓜エブリンさんが14歳の時です。

馬瓜エブリンさんは14歳でU-16のバスケットボール日本代表に選ばれたのですが、未成年の選手が日本代表として国際大会に出場するためには、両親が日本国籍を持っていることが必要となります。

そこで馬瓜エブリンさんの両親は、馬瓜エブリンさんがバスケットボールの日本代表として活躍するためにこれまでのガーナの国籍から日本国籍を選んだのです。

馬瓜エブリンさんの妹もバスケット選手

馬瓜エブリンさんの妹・馬瓜ステファニーさんも実はプロのバスケット選手です。馬瓜エブリンさんは女子バスケットボールの日本代表として出場していますが、妹の馬瓜ステファニーさんは3人制のバスケットボール「3×3」の代表選手として日本代表選手として活躍しています。

2人ともバスケット選手で日本代表というのはすごいですよね。

馬瓜エブリンさんは180cm、馬瓜ステファニーさんは182cmと2人とも高身長なので、バスケット選手に向いている体型ですね。

仲良し姉妹うらやましいです。

標準語は日本語!茶目っ気が可愛い!

馬瓜エブリンさんは見た目が外国人なので、英語で喋ると思われることも多いようですが、日本生まれ日本育ちなので、

英語はあまり話せないようです。

家でご両親は英語で会話しているようなので、

多少話したり聞いたりすることはできるようです。

日常生活の中では、その見た目もあってお店に入った時に英語で話しかけられることも多く、日本語で話すとびっくりされることもあるんだとか。

実際に姉妹とお母さんの3人でご両親の出身国であるガーナに行ったこともあるようですが、

馬瓜エブリンさん自身は生粋の日本人だと思ったそうですす。

やはり生まれも育ちも日本人なので、日本の方が馴染んでいるんでしょうね。

馬瓜エブリンさんの公式Instagramではエブリンさんの茶目っ気が存分に楽しめて、

癒やされます。

自分のことを馬瓜少年と呼ぶのもキュートですね。

まとめ

いかがでしたか?馬瓜エブリンさんはバスケットの日本代表として活躍している選手です。

親御さんがガーナ人なので、外国人かハーフと思っている方は多いですが、現在は日本国籍を取得していて、日本生まれ日本育ちのれっきとした日本人です。

そのため、言語は英語ではなく日本語となっていますが、ご両親が英語で話しているようなので、多少の英語は話せるようです。

今回の東京五輪を見ても、馬瓜エブリンさん・馬瓜ステファニーさん共に大活躍を見せており、日本を勝利に導いているので、今後も2人が活躍して日本のバスケットを盛り上げてくれることと思います。

今後も馬瓜エブリンさんの活躍に注目必須!応援していきましょう!

ハロウィンの伊之助の仮装!美少年ぶりも完璧で圧巻です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

contents
閉じる