「羅小白」の知られざるプロフィールを大公開!ストリートパフォーマンスが大人気!

羅小白というミュージシャンををご存じですか?

台湾のストリートでドラムを叩くストリートミュージシャンで、多くの人を楽しませていましたが、最近はその動画がYouTube上に上がることも増え、世界中の方を虜にしています。

そこで今回は、現在大人気のミュージシャン「羅小白」さんのプロフィールをご紹介していきます。

contents

羅小白さんの簡単なプロフィール

羅小白さんは1994年生まれで現在は27歳の女性です。

国籍は台湾で、現在は台北に住んでいます。

台湾語での芸名は「羅小白」となっており、この読み方はローシャオバイです。

本名は羅仕茹(ロー スー ルー)だそうです。

英語名はS. WHITEとなっています。

羅小白さんは小さな頃からダンスが好きで、小学校からダンスクラスに所属していました。

国立台湾芸術大学のダンス学科も出ており、生粋のダンスエリートであることが分かります。

羅小白さんの芸名の由来

羅小白さんの芸名の由来は、日本でも大人気のアニメ「クレヨンしんちゃん」ではないかと言われています。

クレヨンしんちゃんの中に出てくるシロのことを台湾では小白とよぶため、自分の本名と組み合わせて「羅小白」という名前にしているのではないかと推測されています。

羅小白さんがドラムを始めた理由

高い技術力と楽しそうに演奏する姿が人気となっている羅小白さんですが、ドラムを始めることになったきっかけも、実は1人のストリートミュージシャンとの出会いのようです。

羅小白さんは10代の頃、陳曼青さんという1人のドラマーとの出会いを果たします。

この方も今の羅小白さんと同じようにストリートでドラムの演奏を行うミュージシャンで、その演奏を見てドラムに興味を持ち、練習を始めたということです。

後に羅小白さんと陳曼青酸は親友となり、お互いに切磋琢磨しながら現在も音楽活動を行っているようです。

羅小白のパフォーマンスの特徴

可愛い見た目と圧倒的なスキルのギャップが魅力的な羅小白さんのパフォーマンスですが、それ以外にも人気になった理由はたくさんあります。

そこでここからは、羅小白さんの魅力について見ていきましょう。

リズム感のよくエンターテインメント性が高い

羅小白さんは小学校から大学までダンスを専攻していました。

その時に培ったリズム感やノリのよさを使って、ドラムを叩く時にも体を大きく揺らしながらパフォーマンスを行います。

そのことによって、見ている人も羅小白さんが作るリズムに合わせて自然と体が動き出してしまうようです。

音楽を楽しむ姿

羅小白さんのパフォーマンスの1番の魅力は、何よりも彼女自身が音楽を楽しんでいることが伝わることでしょう。

可愛らしい見た目で楽しそうにドラムを叩く姿が多くの方の心を掴んでいるようです。

丁寧なサイン会&撮影会

羅小白さんはファンに対する対応もとても丁寧なことで知られています。

羅小白さんがストリートでパフォーマンスを行う際には多くの方が集まり、演奏後にはサイン会と撮影会が行われます。

いつも1時間程度の時間がかかってしまうようですが、嫌な顔1つせず丁寧に受け答えをするようです。

このファンとの距離感も人気の秘訣でしょう。

羅小白さんは台湾の各地でパフォーマンスを行っていますが、毎回彼女のファンであるメンバーがドラムの設置などを手伝っているようです。

まとめ

いかがでしたか?

羅小白さんの魅力的なパフォーマンスは現在は台湾のストリートでしか行われていませんが、動画はYouTubeなどで見ることができます。

見ているだけでも楽しい気持ちになりますので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

contents
閉じる