【大野智個展2020】ネタバレや参戦レポ!所要時間や注意事項も!

六本木の東京シティビューで、大野智さんの個展『FREE STYLE 2020』が開催中です!

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、遠征が叶わず離れた場所からフリスタへ想いを馳せているファンの方がたくさんいらっしゃることと思います。

また、これから行かれる方の中には、所要時間や注意事項などを予め知っておきたい!という方もいらっしゃいますよね!

そこで今回は、

【大野智個展2020】ネタバレや参戦レポ!所要時間や注意事項も!

として、

  • 前半:『FREE STYLE 2020』の所要時間や注意事項
  • 後半:『FREE STYLE 2020』のネタバレ、参戦レポ

の2部構成でお伝えします。

後半は個展の内容に触れるネタバレがありますので、ネタバレを避けたい方は前半部分のみお読みくださいね!

※作品集に関するネタバレは一切致しません。

contents

【大野智個展2020】集合してからの流れ

9月9日(水)に『FREE STYLE 2020』が初日を迎えてから、1週間が経とうとしています。

幸運なことに私も先日足を運ぶ機会に恵まれましたので、まずは集合してからの流れをざっくりとご説明します!

〜集合時間まで

六本木駅から集合場所まではこちらの記事をご覧ください♪

私が参加したのは、朝イチの10時の回だったので、六本木ヒルズ内のほとんどの店舗がまだ開店前…

だけど作品展の前にお化粧室に行っておきたい!!そんな方には、フリスタの集合場所であるミュージアムコーンの向かい側、六本木ヒルズクラブ内1階にお化粧室があります♪

この自動ドアを入って、左手奥に男女お化粧室があります。

女性用化粧室の個室は5〜6個ありました。

集合時間5分前くらいに行ったからか、並ばずにすぐに入れましたよ!

集合〜検温・本人確認

集合場所から検温・本人確認までの流れをご紹介します!

↓まずはこちらが集合場所のミュージアムコーンです!

 ここの入り口に青いTシャツ?ポロシャツ?を着たスタッフさんが立っています。

ミュージアムコーンの中に入ると、左でに降りていく階段があります。

↓こんな風に看板が立っていますので、階段で下に降りていきます。

下に降りていくと、階段に整理番号のステッカーが貼ってあり、その番号順に並びます。

私が行った時には既に人が並んでいたので、「何番ですかー?」と聞きながら番号のところに並びました(9:35くらい)

あいにく私の並び場所(30番台)は日陰が一切ないところだったので、日差しが強い日は日傘必須だと思いました!!

9:44頃になると列が動き出し、進んでいる途中で検温係の方が1人1人検温を実施。

この時は朝で気温がそこまで高くなかったこともあり、検温で引っかかっていそうな方はいませんでした。

検温の後、セブンイレブンで発券したチケットを係の人に見せて本人確認へ進みます。

本人確認前に手指消毒あり!
(こちらは強制ではなく、していない人もいました)

本人確認は3人くらい同時に、テーブルを挟んで係の人と向かい合わせになって行われます。

チケットと本人確認書類を渡し、マスクをズラしてくださいと言われて顔写真の確認。

マリコ
ちなみに私はパスポートを持参しました!

その後はチケットとパスポートの氏名?などをマジマジと見られました。

(住所のページは確認されなかったような…)

本人確認終了後、個展のチケットをもらって上の階へ!

スタッフさんからは「階段で上へ〜」と言われたのですが、エレベーターを利用する人もいて、この辺で整理番号はグチャグチャに。

東京シティビュー入り口〜エレベーター

階段を上がって3階に到着すると、東京シティビューの入り口に到着です♪

長い傘などを持っている方はこちらで預け、先ほど渡されたチケットを係の人に見せてエレベーターへ!

エレベーターの中は定員8人で、ちょっと密な感じもありますが、皆さん会話はないので安心でした。

9:50頃には52階に到着、少し待つのかな?と思いきや、もう中に入れてもらうことができました!

エレベーター〜最初のエリアへ

エレベーターを降りると、さっそく『FREE STYLE 2020』の世界へ!!

最初はなんとなくエレベーターを降りた順で列になって進んでいましたが、係の方から「列は作っていませんので、ご自由にご覧くださーい」と案内があり、それぞれ好きなペースで観覧。

また、最初のエリアに撮影可能なグリーンヘッドとカイトのバナーがありますので、人が少ない時を見計って撮影するのがおすすめです♪

※写真撮影可能なのはあくまでこの2点のみで、景色のみの撮影や他の作品を入れての撮影はダメと注意がありました。

観覧後〜作品集・カレーパン受け取り

観覧後に、作品集を予約した方は作品集の受け取り、カレーパン付きチケットの方はカレーパンを受け取って終了となります!

↓作品集の予約方法についてはこちらをご覧ください!

52階から降りる時も、来る時と同様に、係の方の誘導に従って8人ずつエレベーターに乗ります。

タイミング的に私は貸し切り状態でした。笑

【大野智個展2020】所要時間や注意事項は?

平日の10時からの回、整理番号30番台だった私が、フリスタを全て観て出てくるまでの所要時間や注意事項について、まとめてご紹介します。

Q.集合時間に遅刻したらどうなる?

整理番号に関係なく最後尾に並ぶことになる

チケットに記載されている集合時間に遅れてしまった場合には、整理番号に関わらず最後尾に並ぶことになるようですので、 遅刻には気をつけましょう。

Q.全て観るための所要時間は?

約60分

私の場合は第1期では朝イチにあたる、10時からの回、かつ整理番号が30番台と早い方だったので人が少なかったこともあり、特にどこかで待つこともなく、スムーズに観ることができたので、およそ60分くらいで全てを観ることができました。

これは人によっても差はあると思いますが、公式から発表されている通り、90分の目安時間があれば十分に観ることができると思います。

また特に90分制というわけでもないので、もっと時間をかけて観たい場合には、それも可能です!

Q.持って入れない物はある?

長い傘は預ける、大きな荷物も避けた方が無難

長い傘をお持ちの方は、持って入ることができないので、預ける必要があります。

また、大きな荷物も気づかないうちに作品に触れてしまう可能性があるので、避けた方が無難かと思いました。

背中に背負っているリュックも作品に触れてしまう可能性がある為、前に抱えるよう、会場内でスタッフさんに声を掛けられていました。

Q.見逃しがあった場合、逆走はできる?

エリア内は自由、エリアを出てしまうと戻れない

会場内はいくつかのエリアに分かれており、エリアの中は自由に観覧することができます。

しかしエリアを一度出てしまうと前のエリアには戻ることができないので、 見逃しがないように確認してからエリアを出ることをお勧めします!

エリアの区切れ目が分かりにくいかもしれませんが、区切れ目のところには係の人が立っていて「ここから先に行くと戻れません」と案内してくれますし、「戻れません」と書かれた看板も立っています。

Q.コロナ対策は大丈夫?

一部密になるところも!

皆さんが一番気になるところは、コロナ対策は大丈夫?ということですよね。

私個人の感想としては、ほとんど心配はありませんでした!

平日の朝イチで早めの整理番号だったので、入場した時にほとんど人がいなく、どの作品を観る時も他の人とほとんど一緒になることがありませんでした。

一部密になっていたのは最初の写真撮影が可能なエリアです。

しかし他の方のレポートによると、一部の人気作品のところでは人が密集していることもあった、ということでしたので、タイミングによる部分もあると思います。

また、係の方から「適度な距離を空けて〜」などの注意喚起も特になかったので、観覧者同士で譲り合って観るしかないなぁという印象です。

以上、簡単にではありましたが、私が現地に行ってみてのレポートや感想をご紹介しました。

記憶が曖昧になっている部分もありますので、もし間違いなどがありましたら、contactもしくはTwitter経由でお知らせ頂けますと嬉しいです!

この先は個展の内容についてのネタバレを含みますので、ネタバレを避けたい方はこちらでブラウザを閉じて頂くことをお勧めします^^

このブログでは『FREE STYLE 2020』の特集ページを開設中です!

よろしければ併せてご覧くださいね♪

大野智作品展『FREE STYLE 2020』特集ページ

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

 

【大野智個展2020】ネタバレ、参戦レポ!

ここからは今回フリスタに行けない方に向けて、ネタバレを含む参戦レポをお送りします!

マリコ
ネタバレを避けたい方は進まないでくださいね!

新型コロナウイルスが猛威を奮う中、様々な理由で東京への遠征が叶わない方、関東エリアに住んでいても参加が叶わない方が多くいらっしゃると思います。

私は幸運にも参加する機会に恵まれましたので、少しでも楽しさをお伝えできればと思い、書かせて頂きます。

私は今回が初めてのフリスタ参戦だったので、見当違いなことや的外れな感想を書いていましたら申し訳ありません。

FREE STYLE 2020のスタート地点

こちらにはグリーンヘッドとカイトのバナーがあり、撮影可能となっています。

各エリアの中で一番明るく、天井の高さもあり、大野くんがこれまで活躍してきた広大な東京の景色をバックにしてのこの2つの作品の展示は、なんだかすごく壮大でまさに集大成の個展の場所としてふさわしい!と感じました。

今回の個展には「FS」「FSⅡ」「FS2020」と3つの『FREE STYLE』の作品が飾られていて、作品それぞれの横に、いつの作品なのかを示すシールが貼られています。

大野少年に触れる

次のエリアには大野くんが小学生、中学生の時の作文や写真、絵などが飾られていて、特にその作文の内容が微笑ましくて見入ってしまいます。

また、美術のテストなのか、プリントにスプーンをデッサンしたものや、ノートにドラゴンボールの絵を描いたものも展示してあったのですが、その絵の緻密さにびっくり!

こんなにも幼い時に、アーティストとしての原点があったんだなーと。

お父さん?と思われる人に手を引かれている、幼少期の大野くんの写真なんかもあり、大野くんがこれまで生きてきた歴史を垣間見れる展示でした。

それと同時に、これだけの小さな頃の写真や作品が残っていることに、ご両親の愛情を感じました。

また、このエリアでの他の作品の展示には、飛行機などで作品を運ぶ時の木製のコンテナが使用されているのですが、貼られているステッカーを見てみると、「Destination”PVG”」の文字が。

恐らく実際に、上海でのFS展のために作品を運んだ時に使ったコンテナなのだと思います。(PVG=上海浦東国際空港の3レター)

言葉では上手く言い表せないのですが、FS展の歴史にも触れることができたような気がして…

本来なら関係者の方しか見られない物を、見られたことがなんだかとても嬉しかったです。

作業場の再現スペースがすごくいい

また、作業場を再現したスペースもありました。

無造作に置かれた絵具や画材、画材屋さんの紙袋など…

すごくリアルに再現されていて、中央には真っ白で大きなキャンバス

否が応でも、そのキャンバスの前に大野くんの姿を感じずにはいられません。

自然と大野くんの姿を想像し「この先大野くんが描く人生はどんな人生なのかな?」と考えながら、作業スペースの前にしばらく立っていました。

作品集の中にも同じ道具が登場していたので、恐らく全てご本人のものなのではないかな?と想像します。

メンバーが描いた絵も

終盤にはなんと嵐のメンバーが大野くんをテーマに描いた絵の展示も。

1つ1つに個性が溢れていて、同時にリーダーへの愛も感じました。

松潤の絵には、大野くんに通ずるアーティストとしての才能も感じたり…

『FREE STYLE 2020』はアーティストとしての大野くんの個展なので、「嵐の大野智」ではなく「大野智個人」を魅せる構成になっているのは当然なのですが、大野智という1人の個人を構成する1つの要素としての嵐、そして長い時間を共にしてきたメンバーが登場したことに、なんだかとても嬉しい気持ちになりました。

「ありがとう」

個展の最後の作品は、大野くんが描いた「ありがとう」

白いキャンバスに赤い絵具で「ありがとう」とすごくシンプルに描かれていたと記憶しています。

単純に「これで展示は全て終了、来てくれてありがとう」という意味もあったと思いますが、他にもたくさんの意味や気持ちが込められた「ありがとう」なのだと感じました。

今年で40歳になる大野くん、本当に今年が節目、大野くんにとって大きな意味を持つ1年で大きな意味を持つ『FREE STYLE 2020』だったんだな、ということを感じ、涙を堪えるのに必死でした。

たくさんの想いを抱えながらフリスタを開催してくれて、こちらこそありがとう!の気持ちで一杯になるラストでした!

大野くんがまだジュニアだった頃、私の従姉が大野くんの大ファンで、私も大野くんのことをよく見るように…

20年以上(笑)の時を経て、こうして大野くんのライフワークである作品を観る機会に恵まれたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。

と、私の主観で気に入った展示や感じたことなどを書かせて頂きましたが、もし不快な想いをされた方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

こんな風に感じた人もいるんだ、と受け流して頂けたら幸いです。

10月8日に発売される作品集にも大野くんの想いがたくさん詰まっています!

まとめ

今回は「【大野智個展2020】ネタバレや参戦レポ!所要時間や注意事項も!」として、『FREE STYLE 2020』の現地に足を運んでのレポートや感想をご紹介しました。

このブログでは、他にもフリスタに関する情報をご紹介しています。

よろしければ併せてご覧ください!

大野智個展『FREE STYLE 2020』特集ページ

それでは今回は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

contents
閉じる