ドラマ

アンサングシンデレラ第4話|樹里(じゅり)役の女優は誰?武井咲に似てる!

アンサングシンデレラは毎回登場するゲストの俳優さんにも注目が集まっています!

8月6日(木)放送の第4話では、中華料理屋娘娘亭の主人・辰川秀三の娘で摂食障害に苦しむ女子高生・辰川樹里(じゅり)役を演じる女優さんに注目した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

どことなく武井咲さんに似ているこの女優さんは一体誰なのか、気になりますよね!

そこで今回は、

アンサングシンデレラ第4話|樹里(じゅり)役の女優は誰?武井咲に似てる!

として、ご紹介していきます!

アンサングシンデレラ第4話|樹里(じゅり)役の女優は久保田紗友!

アンサングシンデレラ第4話で摂食障害に悩む女子高生役を演じているのは、今注目されている女優の久保田紗友さんです。

氏名:久保田紗友(くぼた さゆ)
生年月日:2000年1月18日生まれ ※2020年7月現在20歳
出身:北海道札幌市
血液型:A型
身長:158cm
趣味:音楽&DVD鑑賞
特技:ダンス、料理、ものまね
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

現在20歳の久保田紗友さんは、小学校4年生の時に地元の芸能事務所に所属し、芸能活動をスタートされています。

2015年には上京し、芸能活動を本格化、2017年には映画『ハローグッバイ』で長編映画初主演、2020年1月には初となる写真集も発売されています。

最近では2020年7月まで放送されていたドラマ『M愛すべき人がいて』でアユに嫌がらせをする友人・玉木理沙役を演じ、個性的な登場人物にも引けを取らないいじめっ子役を演じられていました。

その他には2016年のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2017年の日テレドラマ『過保護のカホコ』などに出演、少し複雑だったり、影を抱えている役での演技に定評があります。

今回のアンサングシンデレラ第4話でも、大好きな祖父が末期がん、自身も摂食障害である女子高生の役を演じますので、久保田紗友さんがどのように演じられるのか楽しみですね!

アンサングシンデレラ第4話|樹里(じゅり)の役どころは?

アンサングシンデレラ第4話で久保田紗友さんが演じる辰川樹里は、葵みどり行きつけの中華料理屋娘娘亭の主人・辰川秀三の娘で摂食障害に苦しむ女子高生です。

原作では第4話のストーリーは「霧の中」「病なき病」「それぞれの闘い」「最後の砦」に収録されています。


\第4話のストーリーが収録されているのはこちら/ 

原作の中で樹里は中学生という設定でしたが、ドラマ版では高校生という設定になっています。

また、ドラマ版では樹里の父親は中華料理屋娘娘亭の主人ですが、原作の中では樹里の父親は「食事処しばさき」の店主という設定になっています。

このストーリーは原作の中でも大きく扱われている為、最終話あたりに持ってくるのかな?と思っていましたが、第4話での登場となりました。

小さな頃から3人で暮らしてきた樹里、父、祖父。

祖父の末期がんと樹里の摂食障害をきっかけに、バラバラだった3人の絆が固いものになる感動的なお話です!

ぜひ原作も読んでみてくださいね!

久保田紗友と武井咲が似てる!

ドラマの予告などで久保田紗友さんの姿を見て、「誰かに似てる!」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は久保田紗友さんと武井咲さんがそっくり!と話題になっています。

確かに、正統派美人と言えるすっきりとしたお顔立ちや目元のクールな印象が似ていますよね。

一部では「姉妹では?」「従姉妹では?」という噂もあるようですが、久保田紗友さんの出身地が北海道札幌市であるのに対して、武井咲さんの出身地は愛知県名古屋市なので、あくまで噂であると推測できます。

ちなみに久保田紗友さんには元アイドルでシンガーソングライターの久保田れなさんというお姉さんがいらっしゃり、お姉さんもとても美人なんですよ!

まとめ

今回は「アンサングシンデレラ第4話|樹里(じゅり)役の女優は誰?武井咲に似てる!」として、アンサングシンデレラ第4話で辰川樹里役を演じられた女優、久保田紗友さんについてご紹介しました!

『M愛すべき人がいて』での演技が話題になってすぐ今回のアンサングシンデレラへのゲスト出演と、これからもどんどん活躍されそうですね!

このブログでは、久保田紗友さん演じる辰川樹里の実家である、中華料理屋娘娘亭のロケ地となったお店についてもご紹介しています!

ぜひ併せてご覧ください。

それでは今回は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました!